〇新製品情報 AudioQuest 4K/HDR対応のHDMI 18Gbpsケーブル「Active HDMI」発売
〇新製品情報 「AVR-X6400H / AVR-X4400H」購入キャンペーン実施中
〇新製品情報 マランツ マルチチャンネルHi-Fiアンプ「SR8012」12月中旬に新発売
〇新製品情報 Optoma コンパクトな4K/HDR対応DLPプロジェクター新発売!
〇新製品情報 B&W「CMシリーズ」を進化させた「700S2」シリーズ登場
○新製品情報 4K HDR対応 ホームシアタープロジェクター2機種発売
○新着情報   サイトリニューアルし、モバイルで見やすくしました
○新製品情報 DENON AVサラウンドレシーバー 9月中旬に2機種、新発売
○新製品情報 エプソン、タテレンズシフト対応のホームシアター入門プロジェクター発売。
○新製品情報 パイオニア、天井反射音も補正する7ch AVアンプ「SC-LX502」発売
○新製品情報 KEF 新開発のUni-Qドライバー搭載したスピーカー 新「Qシリーズ」発売。

 

オーディオ・ビジュアルの専門店がお届けする厳選ネット通販 


本来AV機器は趣味性が高く、通常は訪問→設置→設定をさせていただいている専門店です。
ネット通販によるコストカットで市場ベスト価格でお届けします!

 

お届けは宅配便等となります。
購入後の設置・設定についてのご質問やお困りごとは電話にて親切にお答えさせて頂いております。(03-3200-4450まで)


タイプ別シアタールーム

三管式→固定画素プロジェクターのススメ



三管式→固定画素プロジェクターのススメ


5~10年ほどお使いになり、不調になった、または調整が必要になった三管式プロジェクターを、固定画素のプロジェクターへリプレース(置き換え)されるお客様が増えてきました。
その背景として、固定画素プロジェクターの画質が大きく向上し、かなりの部分で三管式を上回る画質を楽しめるようになった。
また、設置後のメンテナンスフリーに魅力を感じられるお客様が多いようです。

トムテックの三管→固定画素のプロジェクター付け替えでは、元の金具を流用した取り付けや、アンカーボルトのみを流用し金具も新調、などお客様のご要望にあわせた設置を行っています。
さらに、三管式ならではの階調表現も捨てがたい方向けに、三管式と固定画素を共存させる設置も承っております。
デモにて使用しているDLA-HD750を持ち込んでの視聴テストも、ご要望に応じて行っております。

トムテックで取り付けを行ったお客様はもちろん、そうでないお客様もご相談ください。

是非一度、最新のプロジェクターをご体験ください。従業員一同お待ちしております。

ソニーD50からDLA-HD750へのお乗り換えです。合わせてリアの天吊りスピーカーも埋め込みに変更し、
すっきりとさせつつ5.1ch→7.1chへアップグレードしました。
金具はアンカーボルト流用で汎用取り付け金具への変更です。

バルコの801Sから同じくDLA-HD750へのお乗り換えです。もともとの設置時にレール式の取り付け金具を造作し
インストールしていましたので、それを活かしての付け替えです。

上記2例の他にも、お客様のご要望に合わせたコンバートをご提案いたします。
お気軽にお問い合わせください。
コンバート完成までのおおまかな流れ
1.初回打ち合わせ(無料)
弊社インストーラーが担当として、お使いのプロジェクターやお部屋の状況をお聞きし
イメージ図やお見積もりを作成します。

※当社にてインストールのお客様であれば電話のみでOKです。
2.ご依頼
3.現場確認
現場確認を行い、必要に応じて図面の修正・手直しを行います。

※当社にてインストールのお客様であれば基本的に不要です。
4.機器設置・セッティング
プロジェクター取り外し・および取り付けを行います。
合わせて調整も行います。

不要になった三管式プロジェクターの処分などに関しては別途ご相談承ります。
5.シアターリニューアル完成!
思う存分お楽しみください。


少しでも興味を持っていただきましたら、

是非一度トムテックへご連絡ください!



お問い合わせは
こちらのフォームもしくはお電話(03-3200-4450)にてお願いいたします。

ページトップへ