〇新製品情報 AudioQuest 4K/HDR対応のHDMI 18Gbpsケーブル「Active HDMI」発売
〇新製品情報 「AVR-X6400H / AVR-X4400H」購入キャンペーン実施中
〇新製品情報 マランツ マルチチャンネルHi-Fiアンプ「SR8012」12月中旬に新発売
〇新製品情報 Optoma コンパクトな4K/HDR対応DLPプロジェクター新発売!
〇新製品情報 B&W「CMシリーズ」を進化させた「700S2」シリーズ登場
○新製品情報 4K HDR対応 ホームシアタープロジェクター2機種発売
○新着情報   サイトリニューアルし、モバイルで見やすくしました
○新製品情報 DENON AVサラウンドレシーバー 9月中旬に2機種、新発売
○新製品情報 エプソン、タテレンズシフト対応のホームシアター入門プロジェクター発売。
○新製品情報 パイオニア、天井反射音も補正する7ch AVアンプ「SC-LX502」発売
○新製品情報 KEF 新開発のUni-Qドライバー搭載したスピーカー 新「Qシリーズ」発売。

 

オーディオ・ビジュアルの専門店がお届けする厳選ネット通販 


本来AV機器は趣味性が高く、通常は訪問→設置→設定をさせていただいている専門店です。
ネット通販によるコストカットで市場ベスト価格でお届けします!

 

お届けは宅配便等となります。
購入後の設置・設定についてのご質問やお困りごとは電話にて親切にお答えさせて頂いております。(03-3200-4450まで)


パイオニア9chダイレクト エナジーHDアンプ搭載 AVアンプ SC-LX801(B)

希望小売価格: ¥378,000(税込)
価格: ¥294,800 (税込)
[ポイント還元 2,948ポイント~]
数量:

9ch「ダイレクト エナジーHDアンプ」を搭載。Dolby Atmos®、DTS:X™といった最新のオブジェクトオーディオの再生においてもクリエーターの意図を正確に描き出す、9ch・770Wハイパワー同時出力という比類なき性能を実現しています。

 SC-LX801では、9ch「ダイレクト エナジーHDアンプ」を搭載。Dolby Atmos®、DTS:X™といった最新の オブジェクトオーディオの再生においてもクリエーターの意図を正確に描き出す、9ch・770Wハイパワー同時出力という比類なき性能を実現しています。 一つの筐体で、5.2.4ch、7.2.2chのオブジェクトオーディオ再生に対応しています。また、SC-LX801では「ダイレクト エナジーHDアンプ」の能力を最大限に活かすため、パイオニア独自の筐体設計「アドバンスド ダイレクト エナジー デザイン」、厳選した高音質パーツを採用しています
 
■主な仕様
パワーアンプ  チャンネル数 9
パワーアンプ方式 ダイレクト エナジーHD
多チャンネル同時駆動出力
(1 kHz、T.H.D. 1.0 %、8 Ω)
770 W (9ch同時駆動時)
定格出力[1 kHz、2ch駆動時、T.H.D. 1.0%]
フロント 255 W+255 W(4 Ω) 200 W+200 W(6 Ω)
センター 255 W(4 Ω) 200 W(6 Ω)
サラウンド 255 W+255 W(4 Ω) 200 W+200 W(6 Ω)
サラウンドバック 255 W+255 W(4 Ω)
(またはハイト2)
200 W+200 W(6 Ω)
(またはハイト2)
ハイト1 255 W+255 W(4 Ω) 200 W+200 W(6 Ω)
ハイト2

実用最大出力(JEITA、4Ω、1ch駆動時)
フロント 340 W/ch
センター 340 W
サラウンド 340 W/ch
サラウンドバック 340 W/ch(またはハイト2)
ハイト1 340 W/ch
ハイト2
電源部・その他
電源電圧 AC100 V・50 Hz/60 Hz
消費電力(電気用品安全法) 320 W
待機時消費電力 0.15 W(スタンバイ状態)/2.5 W(ネットワークスタンバイ ON時)
外形寸法 435 mm(W)×185 mm(H)×441 mm(D)
質量 18.0 kg

■入出力端子表
入出力端子 入力 出力
アナログ音声 7(PHONO含む)
アナログ映像 コンポーネント 2/コンポジット 2 コンポーネント 1
プリアウト 11.2ch
パワーアンプ チャンネル数 9ch
デジタル 光3/同軸2

HDMI端子

8(フロント1含む)うち5入力が
HDCP2.2対応
2(HDCP2.2対応)
LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX) 1
アンテナ端子 FM/AM

USB端子

1(フロント)

ヘッドホン端子

ページトップへ